◇ SUNCAD-ULTRA・W>サンプル図面(拡大図)と解説>鳥瞰図

鳥瞰図

鳥かん図
上の図面はノーマルで作図した例です。
ドアや引き戸を開けた状態で作画したり、床模様と同様、内蔵の豊富な建具模様(パターン)を活用して表現力を高めることが出来ます。
天井の化粧梁やカーテン、エアコンなどの表示をしています。
下の図面はフリーハンドで作図した例です。
手書き風のため、ノーマル表示よりもやわらかい感じですのでお客様の印象も良いようです。
床模様や腰壁板、インテリア表示をしています。
ドアや引き戸を開けた状態で作画したり、床模様と同様、内蔵の豊富な建具模様(パターン)を活用して表現力を高めることが出来ます。
鳥かん図
その他のサンプル図(フリーハンド作画)
例①の1階2階 | 例②の1階2階 | 例③の1階2階 | 例④の1階2階 | 例⑤の1階
作画設定画面の主な説明

鳥瞰図
鳥かん図の設定画面です。

図面名称:
「1階鳥かん図」とか「LDK鳥かん図」など、名称を自由に変更が出来ます。ただし、文字数に制限がありますので注意してください。
この名称が、図面名称として、図面の下部の方に表示されます。
No1~No5までの鳥観図を作成できます。
視点高さ:
自由に設定できますが、建物の規模により包含できる領域が違いますので、数値を変更しながら確認してください。
視角:
これも一応自由に設定できますが、一般的には90で大丈夫です。
インテリア:
インテリアを表示したい場合はチェックを入れてください。
通常はチェックを入れます。
模様:
床や壁の模様を表示させたい場合にチェックを入れます。
通常はチェックを入れます。
ワイヤーフレーム表示:
設定した内容で良いかどうかを判断する時に利用できます。

鳥かん図は、立体的な表示のため、お客様からは分かり易くイメージし易いと大好評です。
工事が始まって、お客様から「こんなはずじゃなかった」
なんて声を聞かないためにも、この鳥かん図での提案を是非ともおすすめ致します。