◇ オペレーションマップ>意匠データ入力操作>ファイル>物件管理>複写

オペレーションマップ
意匠データ入力操作
【ファイル(F)メニュー】 > 〔物件管理〕 > 複写
◆ 「複写」とは、選択した物件と同じ内容でもう一つ作成することをいいます。


選択した物件を作業が出来るように読み込みます 選択した物件の構造を変更して複写します 選択した物件を削除します 選択した物件をフロッピーディスクや外付けハードディスクまたはMOなどに保存します 「バックアップ」で保存した物件を読み込めるようにします 選択した物件を圧縮して保存します 「圧縮」で保存した物件を読み込めるようにします 選択した物件を新しいバージョンにアップします 物件の基準フォルダを変更します 物件のシート管理を指示します
ある物件のデータを、他の物件データとして使用することができます。
複写したい物件を選択して、[複写]ボタンをクリックします。
下記画面が表示されます。
物件管理>複写 「複写先フォルダ」欄に新しいフォルダ名を記入します。
「複写」ボタンで複写が開始されます。

外付けハードディスクやMOなどに複写したい場合は、「ドライブ」のところでドライブを指定し、フォルダを指定します。
フォルダを新たに作りたい場合は「フォルダ作成」ボタンをクリックします。
フォルダ作成

複写先フォルダ名を変更しないで同じフォルダ名にすると、下記の確認メッセージが表示されます。
分かりやすいフォルダ名に変更します。
フォルダ作成

仮に追加変更作業を行いたいとき、
複写先で作業を行うことで、追加変更作業前の状態を複写元として保存しておくことができます。