◇ オペレーションマップ>意匠データ入力操作>ファイル>物件管理>リストア

オペレーションマップ
意匠データ入力操作
【ファイル(F)メニュー】 > 〔物件管理〕 > リストア
◆ 「リストア」とは、「バックアップ」で保存した物件を読み込めるようにすることをいいます。


選択した物件を作業が出来るように読み込みます 選択した物件の構造を変更して複写します 選択した物件と同じ内容でもう一つ作成します 選択した物件を削除します 選択した物件をフロッピーディスクや外付けハードディスクまたはMOなどに保存します 選択した物件を圧縮して保存します 「圧縮」で保存した物件を読み込めるようにします 選択した物件を新しいバージョンにアップします 物件の基準フォルダを変更します 物件のシート管理を指示します
[リストア]ボタンをクリックしますと、下記画面が表示されます。
リストア

ここでリストアを行うファイルの種類を選択します。
物件ファイルと積算ファイルは、常に1組でバックアップおよびリストアを行います。
この時、物件ファイルを選択しないと、
物件管理ウィンドウで選択されている物件に、図面ファイルや積算ファイルを上書きするようになります。
物件ファイルを選択しますと、バックアップされている物件データをコピーして新たに物件を作成するようになります。

[選択終了]ボタンをクリックしますと、下記の画面が表示されます。
フロッピーのドライブを自動で検索します。
フロッピーが挿入されていない場合は、下記の確認メッセージが表示されます。
リストア2

「OK」ボタンでフロッピーからリストアします。
外付けハードディスクやMOからリストアしたい場合は「キャンセル」をクリックします。
リストア3

リストア元のフォルダを指定して[実行]ボタンをクリックしますと下記の画面が表示されます。(例:USBメモリ)
リストア4

リストア物件保存フォルダ名を入力して[実行]ボタンをクリックしますと、下記の画面が表示されます。
リストア5

[はい(Y)]ボタンをクリックしますと、指定した物件のデータを読込みます。
[いいえ(N)]ボタンをクリックしますと、物件データの読込を中止します。

リストア物件保存フォルダ名を変更しないで同じフォルダ名にしますと、下記の確認メッセージが表示されます。
分かりやすいフォルダ名に変更して下さい。
リストア6