◇ オペレーションマップ>意匠データ入力操作>ファイル>物件管理>圧縮

オペレーションマップ
意匠データ入力操作
【ファイル(F)メニュー】 > 〔物件管理〕 > 圧縮
◆ 「圧縮」とは、選択した物件を圧縮して保存することをいいます。


選択した物件を作業が出来るように読み込みます 選択した物件の構造を変更して複写します 選択した物件と同じ内容でもう一つ作成します 選択した物件を削除します 選択した物件をフロッピーディスクや外付けハードディスクまたはMOなどに保存します 「バックアップ」で保存した物件を読み込めるようにします 「圧縮」で保存した物件を読み込めるようにします 選択した物件を新しいバージョンにアップします 物件の基準フォルダを変更します 物件のシート管理を指示します
保存したい物件を選択し、[圧縮]ボタンをクリックします。
下記画面が表示されます。
圧縮1

[はい(Y)]ボタンをクリックしますと、下記の画面が表示されます。
圧縮2

圧縮ファイル保存先は、「LzhData」フォルダが自動で選択されます。
USBメモリー等に保存したい場合は保存する場所を変更します。
ファイル名を確認して[保存]ボタンをクリックしますと、指定した物件のデータを圧縮して保存します。 圧縮3