◇ オペレーションマップ>意匠データ入力操作>ファイル>物件管理>フォルダ変更

オペレーションマップ
意匠データ入力操作
【ファイル(F)メニュー】 > 〔物件管理〕 > フォルダ変更
◆ 「フォルダ変更」では、現在のフォルダ以外の場所から、物件を読込したい場合に変更します。


選択した物件を作業が出来るように読み込みます 選択した物件の構造を変更して複写します 選択した物件と同じ内容でもう一つ作成します 選択した物件を削除します 選択した物件をフロッピーディスクや外付けハードディスクまたはMOなどに保存します 「バックアップ」で保存した物件を読み込めるようにします 選択した物件を圧縮して保存します 「圧縮」で保存した物件を読み込めるようにします 選択した物件を新しいバージョンにアップします 物件のシート管理を指示します
[フォルダ変更]ボタンをクリックしますと、下記の画面が表示されます。
フォルダ変更

変更したい物件のある保存フォルダを選択し[実行]ボタンをクリックしますと、物件管理の画面が変更されます。

[作業フォルダ][物件フォルダ]とは、システム動作環境設定で保存されている格納フォルダが開きます。
中断した物件を作業途中から再開したい場合は[作業フォルダ]ボタンをクリックして下さい。
工事名称・日時等で該当物件を読込して作業を続けます。
作業終了後は必ず[名前を付けて保存]で保存します。
そのまま上書き保存をしますと、Tempファイルに保存されてしまいます。

(例)
「フォルダ変更」ボタンを押しますと下図のような画面となります。
基準のフォルダにしたいフォルダを、「ドライブ」で指定します。
フォルダ変更

フォルダを選択して「実行」ボタンで、基準フォルダが切り替わります。