◇ オペレーションマップ>意匠データ入力操作>基本>部屋入力>間仕切入力

オペレーションマップ
意匠データ入力操作
【基本(I)メニュー】 > 〔部屋入力〕 > 間仕切入力
◆ 「間仕切入力」では、各部屋を単線で仕切りながら入力していきます。
間仕切りは一点一点角をヒットしながら入力できますが、矩形の場合は、対角ヒットが早くて便利です。
入力途中で取り消したいときは、メニューの「入力制御」でもかまいませんが、右クリックしますとメニュが出てきますので、そこで「取り消し」や「全て取り消し」をクリックしますと、直前の情報が取り消されます。

①始点→②終点 対角ヒット
部屋入力>対角ヒット
右クリック
入力途中の取り消し等は右クリック
部屋入力>取り消し


部屋の形が確定しました。
部屋入力>間仕切り2

同じ要領で部屋を順次入力していきます。
グリッド点は自動認識点で無条件でヒットできる点です。グリッドの変更は、1/2、1/3、1/4、1/6のいずれかが指示できます。
任意の寸法の部屋を作りたい場合は、補助線や指定点・移動点入力の機能を使って、簡単に入力できます。
補助線、指定点入力、移動点入力については、それぞれのページをご覧下さい。
尚、多角形や円形などの部屋を作成したいときには、対角ヒットは出来ません。
隣接する一点一点を連続ヒットしながら作っていきます。  ⇒
入力された情報を元に、図面を正確に自動作成します。
部屋名を入力された時点で積算の準備が出来た状態になります。
部屋入力>多角形間仕切り

【注意事項】
部屋同士を重複して入力することは出来ません。
重複を許可されている主な部屋名は以下の通りです。
ストリップ階段、吊押入、吊物入、小屋裏収納、ウッドデッキの下部に設ける土間等