◇ オペレーションマップ>意匠データ入力操作>基本>階段入力

オペレーションマップ
意匠データ入力操作
【基本(I)メニュー】 > 〔階段入力〕
らせん階段は対応しておりません。
階段の踏面寸法と蹴上寸法の法的チェックは、「伏図・法規・内観」の「法規チェック」にて行ないます。

以下それぞれの階段についての入力方法を説明します。
◇ 内部階段(標準)・内部階段(同一階)
内部階段(標準)、内部階段(同一階)の場合は、部屋名が「洋室-1の階段室」になっていなければなりません。
2階建ての場合は、1階の階段室に2階を含めた形で入力します。
3階建ての場合は、1階→2階は1階の階段室に、2階→3階は2階の階段室にそれぞれ入力します。
吹き抜けが階段室を包含したような形になっている場合は、吹き抜け室も含めた形で一室にして、階段室という部屋名にします。

サンプル図面1F 部屋名「階段室」
部屋名1F

サンプル図面2F 部屋名「階段室」
部屋名2F


基本>「階段入力」をクリックしますと、次のような画面になります。
内部階段>メニュー>UP線 「UP線」をクリック

始点・終点ヒット
矢右
内部階段>UP線
続けて
矢下


内部階段>メニュー>仕切り線 仕切り線
対角ヒット
矢右
内部階段>仕切り線
続けて
矢下


内部階段>メニュー>DN線 「DN線」をクリック

始点・終点ヒット
矢右
DN線入力後の画面
内部階段>DN線
「はい」で確定します。


確定後の入力済画面
サンプル図面1F(入力済)
内部階段-部屋名1F

サンプル図面2F(自動入力済)
内部階段-部屋名2F

◇ 外部階段
共同住宅などの外部階段の場合は、部屋名が「特殊室の外部階段」になっていなければなりません。
2階建ての場合は、2階の階段室に1階を含めた形で入力します。
3階建ての場合は、1階→2階は2階の階段室に、2階→3階は3階の階段室にそれぞれ入力します。
尚、外部階段の場合、廻り階段の入力及び自動作画には対応していません。

サンプル図面1F
外部階段-部屋名1F

サンプル図面2F 部屋名「外部階段」
外部階段-部屋名2F


基本>「階段入力」>「外部階段」をクリックしますと、次のような画面になります。
階段入力>メニュー>外部階段>UP線 「UP線」をクリック

始点・終点ヒット
矢右
外部階段>UP線
続けて
矢下


階段入力>メニュー>外部階段>仕切り線 仕切り線
対角ヒット
矢右
外部階段>仕切り線
続けて
矢下


外部階段>DN線 「DN線」をクリック

始点・終点ヒット
矢右
DN線入力後の画面
階段入力>DN線
「はい」で確定します。


確定後の入力済画面
サンプル図面1F(入力済)
外部階段1F

サンプル図面2F(入力済)
外部階段-部屋名2F
確定後の外観パース(イメージ図) 壁立上り手摺にすることも出来ます。 外部階段パース

◇ 土間階段
土間階段の場合は、部屋名が「外部土間-1の土間階段」になっていなければなりません。
尚、外部階段の場合、廻り階段の入力及び自動作画には対応していません。
廻り階段は一段ずつ部屋として入力し、それぞれに高さ指示することで自動作画させることが出来ます。

サンプル図面
土間階段-部屋名



基本>「階段入力」>「土間階段」をクリックしますと、次のような画面になります。
まず、段数(平面状の分割数)を選択します。
階段入力>メニュー>土間階段>UP線 「UP線」をクリック

始点・終点ヒット
矢右
土間階段>UP線
続けて
矢下


土間階段>メニュー>DN線 「DN線」をクリック

始点・終点ヒット
矢右
DN線入力後の画面
土間階段>DN線
「実行」ボタンで確定します。
確定後の外観パース(イメージ図) 手摺を付けることもできます。
外部階段パース