◇ オペレーションマップ>意匠データ入力操作>基本>屋根入力>ドーマー自動生成

オペレーションマップ
意匠データ入力操作
【基本(I)メニュー】 > 〔屋根入力〕 > ドーマー自動生成
◆ 「ドーマー自動生成」では、ドーマー屋根を自動で生成することができます。

  屋根入力メニューから、『ドーマー自動生成』を選択しますと、下記の画面が表示されます。
ドーマー自動生成

ドーマー(三角形・五角形)の頂点位置は、ドーマー勾配・屋根勾配によって決定されます。
自動生成できるドーマーは、下記の通りです。
但し、水平軒裏が自動生成できるのは「五角形」のみです。
ドーマー自動生成1

ドーマー自動生成2

ドーマー自動生成3

入力手順は下記の通りです。
サンプル1(五角形巻き込み)
ドーマー自動生成4

(1)[五角形巻き込み]ボタンをクリックします。
(2)未入力のドーマー屋根Noを選択します。
  入力済ドーマー屋根Noを選択した場合、入れ替わります。
(3)正面壁区間「1~2」を入力します。
(4)側面壁位置「3」を入力します。
(5)「このドーマー軒線でよろしいですか?」というメッセージが表示されます。
  「はい(Y)」をクリックすると、自動生成を行います。



サンプル2(五角形巻き込み)
「ドーマー自動生成」をクリックしますと次のようなメニュー画面となります。
ドーマー自動生成



ドーマー-立面図1

ドーマー-立面図2

ドーマー-パース
◇ ドーマー屋根の自動生成手順 ◇
①ドーマーの形をメニューから選択します。
ここでは「五角形巻き込み」タイプをサンプルとして選択します。
②続いて「#01」をクリックします。
③正面壁区間を始点・終点指示します。
正面壁区間は左図参照。軒の出は変更できます。
 ドーマー-問合わせ

④ドーマー側面壁位置を指示します。
側面壁位置は左図参照。
 ドーマー-問合わせ

⑤次のような問合わせがあります。
 ドーマー-問合わせ

⑥「はい」を押しますと、次のような画面となります。
ドーマー屋根入力が完了しました。
左側の立面図・外観パース参照。
ドーマー-入力完了


以下のようなドーマーを作成することが出来ます。
ドーマー5タイプ入力図
ドーマー5タイプ立面
ドーマー5タイプ外観パース