◇ オペレーションマップ>意匠データ入力操作>応用>床模様入力

オペレーションマップ
意匠データ入力操作
【応用(A)メニュー】 > 床模様入力
◆ 「床模様入力」では、各部屋に床模様を入力することができます。
「応用」のプルダウンメニューから、《床模様入力》を選択することにより、下記の画面が表示されます。
床模様入力図 ◇ 模様選択
入力対象となる床模様を選択します。(模様・登録模様)
登録模様を選択しますと、登録されている模様を参照することができます。

◇ ピッチ入力
選択模様により縦・横ピッチを入力します。
模様無・木目・登録模様にはピッチ入力はありません。
市松模様を選択した場合には、目地本数を入力します。

◇ 角度入力
選択模様に角度をつけたい場合に入力します。(回転角・間仕切)

◇ 色入力
選択模様に色設定することができます。

◇ 基準点入力
選択模様の発生基準点位置を入力します。

床模様入力を終了する場合は[終了]をクリックします。
[はい(Y)]をクリックしますと、入力した内容を保存します。
[いいえ(N)]をクリックしますと、入力した内容は保存せずに終了します。
[キャンセル]をクリックしますと、床模様入力を続けることができます。
保存


模 様 一 覧
模様なし
模様なし
格子
格子

横

縦
横レンガ
横レンガ
縦レンガ
縦レンガ
木目
木目
市松
市松
登録模様
登録模様


床模様
床模様を入力するには、
「部屋全体」「部分領域」の二通りの入力方法があります。

「部屋全体」を選択した時
選択した模様に対して、回転角・縦/横ピッチ・色を入力します。
部屋を選択するだけで、部屋全体に模様が入力できます。
「部分領域」を選択した時
選択した模様に対して、回転角・縦/横ピッチ・色を入力します。
模様を入力したい部分を閉ループで囲います。上図の様に3角形に入力しますと3角形の部分に模様が作画されます。
床模様

尚、部屋名が間くずれでない和室や床の間、広縁、板の間、浴室などの場合、標準で模様を自動表示します。
それ以外の場合は、登録模様から選択して「部屋全体」入力します。

【注意事項】
模様を入力しますと、システムが自動で作画する模様(上記の和室等)は削除されます。
浴室等で自動でタイル模様を作画する様に指示した部屋に、模様入力しますと自動で作画するタイル模様は削除されます。
従って、自動で模様を作画する部屋に複数の模様を入力するときは、注意が必要です。