◇ オペレーションマップ>意匠データ入力操作>応用>建具模様入力

オペレーションマップ
意匠データ入力操作
【応用(A)メニュー】 > 建具模様入力
◆ 「建具模様入力」では、各建具に模様を入力することができます。
「応用」のプルダウンメニューから、《建具模様入力》を選択することにより、下記の画面が表示されます。
建具模様入力図 模様は右側のみ選択することで左側は自動でセットされます。
内部の建具は建具表に作画されます。
外部に入力しますと立面図・外観パースに作画されます。

外観確認をクリックしますと、
入力物件の外観が外観パース・立面図で確認することができます。

建具模様入力を終了する場合は[終了]をクリックします。
[はい(Y)]をクリックしますと、入力した内容を保存します。
[いいえ(N)]をクリックしますと、入力した内容は保存せずに終了します。
[キャンセル]をクリックしますと、建具模様入力を続けることができます。
保存

[外観確認]を選択しますと、
入力した建具模様を外観パース・立面で確認することができます。


模様なし
建具模様入力を行う建具を選択します。
建具線分座標画面の「○」「□」の表示を確認の上入力します。
建具を選択しますと上記メニューが表示されます。
選択された建具の情報が表示される事で、模様等の確認が可能となります。

「参照」ボタンをクリックしますと、登録されている建具模様を表示することができます。
模様選択後、「OK」ボタンをクリックします。

選択できる建具模様は右吊元のみです。
右吊元しかリストに表示されませんが、左吊元の建具模様はプログラムがコードから探して自動でセットして作画します。

複数個建具
建具選択時に、クリックされた座標上に複数個建具が存在する場合は、上記メニューの様に、コマンドボタン「←」「→」がアクティブになります。
それぞれボタンをクリックして処理建具を選択します。
選択された建具の形式により、主建具部分/欄間部分/袖部分/収納部分の模様をそれぞれ入力できます。