◇ オペレーションマップ>意匠データ入力操作>応用>建具表入力

オペレーションマップ
意匠データ入力操作
【応用(A)メニュー】 > 建具表入力
◆ 「建具表入力」では、建具表を作成するための情報を入力します。
「応用」のプルダウンメニューから、《建具表入力》を選択することにより、下記の画面が表示されます。
建具表入力図
キープランは建具表が何処に位置する建具なのか表示する平面図です。
障子付サッシと戸襖は建具表情報が両面セットされます。
建具表情報入力に入りますと、上記画面の通りキープランが表示されます。
選択した開口の建具表情報を表示します。

建具表入力を終了する場合は[終了]をクリックします。
[はい(Y)]をクリックしますと、入力した内容を保存します。
[いいえ(N)]をクリックしますと、入力した内容は保存せずに終了します。
[キャンセル]をクリックしますと、建具表入力を続けることができます。
保存

建具表入力図
主材の[参照]ボタンをクリックしますと、上記の様に主材のリストが表示されます。
リストをダブルクリックするか、選択した後[実行]ボタンをクリックすることで主材が選択できます。
一覧表にない場合は入力したい部分をクリックしますと、カーソルが表示されますので、直接入力します。
頻繁に直接入力する名称は、ユーティリティメニュー内の[建具表・記号 登録(建具表メニュー登録)]で事前に登録します。
建具表情報入力項目一覧
種類
種類
主材
主剤
面材
面材
見込
見込
塗装
塗装
ガラス
ガラス
金物
金物
内枠
内枠
納まり
納まり

作画
表示されている開口の建具表を、作画するかしないか指示できます。
作画メニューのデフォルトはすべて、「する」がセットされています。
建具表には同一の建具は通常作画しないので、ここで作画するかしないか指示できます。

(1)同一番号で作画しない建具を選択します。
(2)通常、同一番号の付けた開口部は一つしか作画しない事になります。

同一建具を見つけたら「作画しない」に指示します。
同一建具の中で1個所は「作画する」に指示します。
(1)(2)を繰り返し全ての建具を、作画するかしないか指示します。
作画するかしないかはすべてオペレーターに依存します。
作画一変更
キープランには簡易平面図に記号が作画されますが、その位置が重なる場合は、作画位置変更で方向位置共変更できます。

入力手順は下記の通りです。
「作画位置変更」 ⇒ 「作画位置1点クリック」

WH変更
建具表入力でセットされたWHを変更できます。

建具表入力で表示されるWHは、下記の計算式で計算されて表示されます。
「W」(始点-終点)距離  W算出用(控除値)をセットします。
「H」(上端-下端)距離  H算出用(控除値)をセットします。
W算出用(控除値)・H算出用(控除値)は、ユーティリティメニュー内の[建具表・記号 登録(建具表仕様入力)]で変更できます。