◇ オペレーションマップ>意匠データ入力操作>応用>エクステリア入力

オペレーションマップ
意匠データ入力操作
【応用(A)メニュー】 > 〔エクステリア入力〕
◆ 「エクステリア入力」では、平面入力において、備品(エクステリア・インテリア)の入力ができます。
「応用」のプルダウンメニューから、《エクステリア入力》を選択することにより、下図のような画面が表示されます。
尚、「インテリア入力」で入力した備品は、「エクステリア入力」では表示されません。
又、「エクステリア入力」で入力した備品は、「インテリア入力」では表示されません。

参考までに簡単な説明を加えておきます。
⇒ エクステリア部品約90点が格納されています。(下図参照)
⇒ 新規入力、入力済部品の修正、部品削除ができます。
⇒ 部品情報が表示されます。寸法を変更して配置することが出来ます。

⇒ 8個の配置コマンドがあります。これで、とても簡単に部品を配置することが出来ます。
⇒ 部品を回転して配置することが出来ます。
⇒ 入力途中で随時外観を確認しながら作業が進められます。(下図参照)
⇒ 全ての入力情報を一括削除します。
⇒ 「実行」ボタンで配置が確定します。


[エクステリア]を選択し、上図の[参照]ボタンをクリックすると、備品選択ダイアログが表示されます。
各備品グループのタグをクリックすると、2D登録したメニューが表示されます。
画面に表示しきれないメニューは、スクロールバーを上下することにより見ることができます。

◇ 格納されているエクステリア部品の一覧表 ◇

樹木・石関連部品40点
樹木・石
ゲート関連部品10点
ゲート
車関連部品7点
車
塀・フェンス関連部品9点
塀・フェンス


塀・フェンスの姿図例
塀・フェンス姿図

門扉関連部品8点
門扉
その他部品22点
その他


◇ エクステリア入力参考例 ◇
参考例図


◇ 外観確認参考例 ◇
参考例図