◇ オペレーションマップ>意匠データ入力操作>補助>スキップ入力

オペレーションマップ
意匠データ入力操作
【補助(S)メニュー】 > スキップ入力
◆ 「スキップ入力」では、敷地に段差があり、中二階などにしたいときに入力します。
「補助」のブルダウンメニューから、《スキップ入力》を選択することにより、下記の画面が表示されます。
スキップ入力

敷地に段差がある場合に入力します。
入力はスキップをさせる部分を、閉ループ入力で指示することにより確定します。
スキップ領域は、2つ以上の閉ループの入力は許しておりません。必ずスキップする領域すべてを1つにして指示します。
入力ミスによりスキップを指示した場合、「削除」をクリックしメッセージに従い指示します。
スキップ高については、「仕様入力-全体入力-スキップ高」により決定します。