◇ オペレーションマップ>意匠データ入力操作>補助>物件回転・反転

オペレーションマップ
意匠データ入力操作
【補助(S)メニュー】 > 物件回転・反転
◆ 「物件回転・反転」では、物件全体を回転したり反転することが出来ます。
「補助」のブルダウンメニューから、《物件回転・反転》を選択することにより、下記の画面が表示されます。
物件回転・反転

物件回転・反転メニューより
「移動」「回転左90度」「回転右90度」「回転180度」「反転X軸対称」「反転Y軸対称」を選択します。

本メニューにおいて処理を行うのは、物件データのみとなります。

図面データは変更されません。製図システムにて[図面作成]を行ないます。

入力方法は基準点を指示し、次に移動点を指示します。
それぞれ移動・回転・反転された仮想外壁線が表示されます。

図1

[はい(Y)]をクリックしますと、入力した内容を保存します。
[いいえ(N)]をクリックしますと、入力した内容は保存しません。

物件回転・反転を終了する場合は[終了]をクリックします。


移動・回転・反転の考え方は下記の通りです。
図1


回転・反転についての操作イメージを、参考までに下記に示します。
図2
図3
図4
図5
図6