◇ オペレーションマップ>意匠データ入力操作>入力制御>補助線作成

オペレーションマップ
意匠データ入力操作
【入力制御(C)メニュー】 > 補助線作成
◆ 「補助線作成」では、補助線・補助点を作成することができます。
座標入力を伴う入力画面実行中に、「右クリック」または「入力制御」のプルダウンメニューより〔補助線作成〕を選択します。
補助線・補助点作成メニューが表示されます。
または、アイコンをクリックしても補助線作成メニューが表示されます。

補助線作成1 補助線作成2

補助線作成3

入力画面でない状態では補助線作成は行えません。
補助線作成4

各ボタンを選択することで、それぞれの補助線・補助点データが作成できます。

X軸平行.Y軸平行
  指定した軸に平行で、指示した1点を通る補助線分を作成します。

平行寸法指定
  指定した線分の方向点側に、任意のピッチ入力による平行な補助線分を作成します。
  方向点とは、画面上で指定線分のどちら側に補助線を作成するかの座標指定です。
  2回目以降は、直前のピッチを変更せず、「実行」ボタンをクリックすることにより、
  同じピッチで同じ方向へ新しい補助線を繰り返し作成することができます。
  ピッチを変更した後「実行」ボタンをクリックすれば、
  直前の補助線から変更後のピッチ分離れた位置に新しい補助線が作成されます。

2点間線分
  2点の入力により補助線分を作成します。

線分平行
  指示した1点を通り、指定した線分に平行な補助線分を作成します。

垂線
  指示した1点を通り、指定した線分に垂直な補助線分を作成します。

階別保存.全階保存
  入力した補助線を他の入力画面で使用するためには保存する必要があります。
  全階保存の場合はすべての階で表示します。
  階別保存の場合は入力した階のみ表示します。

  保存指定した補助線が保存されるのは、補助線作成を行った入力画面を終了する時です。
  入力画面終了時に保存して終了しない場合、補助線のデータも保存されません。

等分割点
  2点間に分割数入力された数(N-1個)の等分割点座標を作成します。

円弧近似点
  3点と分割数Nで与えられた円弧上に、(N個)の円弧近似点座標を作成します。

分割点
  2点間に任意のピッチで作られた分割点座標を作成します。
  [実行]をクリックすると同じ間隔で補助点を作成します。
  ピッチを変更して「実行」をクリックすると、間隔を変更して新しい分割点が作成されます。
  作成される補助点が終点を超える場合は作成されません。

交点
  基準点と方向を入力し、その2直線の交点に補助点座標を作成します。
  交点が求まらない場合は、補助点を作りません。
  方向は方向指定入力ダイアログで指定します。