◇ オペレーションマップ>伏図・法規・内観>伏図作成・修正

オペレーションマップ
伏図・法規・内観
【伏図作成・修正(R)メニュー】
[伏図・法規・内観]のプルダウンメニューから《伏図作成・修正》を選択することにより、本メニューに入ります。

矢下


伏図作成・修正メニューは以下の通りです。
ここでは、伏図システムの、「基本入力(I)」と「応用入力(A)」のみを記述します。
(朱色の枠メニュー)
「ファイル(F)」「入力制御(C)」「表示(D)」「オプション(O)」「ウィンドウ(W)」「ヘルプ(H)」の各メニューについては 意匠データ入力操作 からご覧下さい。

下の「基本入力(I)」「応用入力(A)」の各メニューをクリックしますと、詳細ページへジャンプします。

基本入力 応用入力 上書き保存 名前を付けて物件を保存 伏図システムの終了 初期情報セットアップ 構造材仕様入力 自動設計 基礎伏図入力 床伏図入力 図面修正 母屋垂木伏図入力 筋違入力 意匠データ入力の基本システムで処理された物件データを基に処理が行なわれます。
本システムにおいて、特に関連性の大きい項目としては、
同基本システムにおける[仕様入力][平面入力][屋根入力][面積入力]及び、ユーティリティにおける[構造材単価管理]があります。
尚、矩計図の作成は製図メニューにおいて入力を含めて行います。

伏図作成・修正4

基本入力
  ◇ 初期情報セットアップ
    伏図・矩計図システムで取り扱う物件の制御を行います。
  ◇ 構造材仕様入力
    部材及び材種の寸法・ピッチ等を選択(入力)します。
  ◇ 自動設計
    基礎伏・各階床伏・小屋伏・母屋垂木伏の自動設計を任意選択の上
    行います。

応用入力
  ◇ 伏図入力
    自動設計された各伏図に対して、追加・訂正・削除を行います。
      ・基礎伏図入力 ・床伏図入力
      ・小屋伏図入力 ・母屋垂木伏図入力
  ◇ 筋違入力
    各耐力壁の入力、及び耐力的に有効であるかのチェックを行います。
  ◇ 伏図システムの終了
    伏図システムを終了し、基本システムに戻ります。