◇ オペレーションマップ>伏図・法規・内観>内観パース

オペレーションマップ
伏図・法規・内観
【内観パース(P)メニュー】
[伏図・法規・内観]のプルダウンメニューから、《内観パース》を選択することにより、本メニューに入ります。
内観パース3
矢下
内観パース2


内観パースメニューは以下の通りです。
ここでは、内観パースシステムの、「基本入力(I)」と「応用入力(A)」のみを記述します。(朱色の枠メニュー)
「ファイル(F)」「入力制御(C)」「表示(D)」「オプション(O)」「ウィンドウ(W)」「ヘルプ(H)」の各メニューについては 意匠データ入力操作 からご覧下さい。

下の「基本入力(I)」「応用入力(A)」の各メニューをクリックしますと、詳細ページへジャンプします。

基本入力 応用入力 上書き保存 名前を付けて物件を保存 内観パースシステムの終了 内観パース情報初期化 部屋情報入力 インテリア入力 開口情報入力 内観パース面生成 基本システムで処理された物件データを基に、伏図システムの処理が行なわれるのと同様、「内観パース」においても物件データを基に処理が行なわれます。
本システムにおいて、特に関連性の大きい項目としては、
同基本システムにおける[平面入力][模様入力]及び、ユーティリティにおける[2Dパターン登録][3Dパターン登録]があります。

内観パース4



基本入力
  ◇ 内観パース情報初期化
    内観パースシステムで取り扱う物件の制御を行います。
  ◇ 部屋情報入力
    基本入力の部屋入力・床模様入力のデータを基に、
    部屋の「高さ・模様・天井面・造作材寸法」等の変更を行ないます。
  ◇ インテリア入力
    基本入力のインテリア入力のデータを基に、
    インテリアの追加・変更・削除を行ないます。
  ◇ 開口情報入力
    基本入力の一般開口入力・建具模様入力のデータを基に、
    開口の「高さ・模様」等の変更と開き指示を行ないます。

応用入力
  ◇ 内観パース面生成
    面データを作成します。
  ◇ 内観パースシステムの終了
    内観パースシステムを終了し、基本システムに戻ります。