◇ オペレーションマップ>データ出力>製図システム>応用入力>DXF変換

オペレーションマップ
製図システム
【応用入力(A)メニュー】 > DXF変換
◆ 「DXF変換」では、作成した各図面をDXF図面として出力することができます。
「応用入力」のプルダウンメニューから《DXF変換》を選択することにより、下記の画面が表示されます。
[DXF変換][変換情報設定]の各ボタンを押すことにより、それぞれの設定ウィンドウが表示されます。
[終了]ボタンを押しますと、DXF変換を終了します。
DXF変換1

DXF変換メニューから、
『DXF変換』を選択しますと、下記の画面が表示されます。
DXF変換2

変換する図面を選択し、変換条件を指定して実行しますと、指定された図面が、DXFデータに変換されます。
文字出力の有無と文字の大きさを実寸大にするか選択できます。
図面種別を選択しますと、それに対応する図面作成済の図面名が表示されます。選択した図面種別に図面が11以上ある場合、[前頁][後頁]ボタンで頁を切替します。
DXF変換3

DXF変換する図面名の左のチェックボックスをチェックして、「縮尺係数」「文字出力有無」「実寸大」を指定します。
[全選択]ボタンを押しますと、指定された図面種別の全ての図面がチェックオンになります。
[全解除]ボタンを押しますと、指定された図面種別の全ての図面がチェックオフになります。
[実行]ボタンを押しますと、DXF変換処理が行われます。
[終了]ボタンを押しますと、DXF変換を終了します。
DXF変換4

DXF変換5