◇ オペレーションマップ>データ出力>積算>造作材仕様

オペレーションマップ
データ出力
【積算(E)メニュー】 > 造作材仕様
◆ 「造作材仕様」では、造作材の仕様に関する設定が出来ます。
「積算」のプルダウンメニューから《造作材仕様》を選択することにより、下記の画面が表示されます。
 造作材仕様
全体・屋根 ⇒ 詳細
  建物全体及び、屋根№別の造作材の材種・断面寸法を指示します。

部屋 ⇒ 詳細
  部屋別の造作材の材種・断面寸法を指示します。

部屋造作材デフォルト作成 ⇒ 詳細
  部屋毎の造作材を設定します。

全体・屋根の造作材再初期化 ⇒ 詳細
  建物全体及び、屋根№別の造作材の材種・断面寸法をデフォルトに設定します。

入力部屋の造作材再初期化 ⇒ 詳細
  部屋別の造作材の材種・断面寸法をデフォルトに設定します。

終了
  造作材仕様を終了します。



【全体・屋根】
造作材仕様メニューから『全体・屋根』を選択すると、下記の画面が表示されます。
 造作材仕様1

建物全体及び、屋根No別に造作材の材種・断面寸法を指示することができます。
本メニューは、必ず選択しなければならないという訳ではありません。
新規作成の場合にはデフォルト値がセットされています。
デフォルト値は[造作材数量算出・単価登録方法一覧表]を参照します。
既存データに対して処理する場合には、既存データがセットされますので必要がある場合に選択します。

・材種の選択
  材種コードの3桁は部材を表しています。
  材種名称の「▼」をクリックしますと、登録されている材種が表示されます。
  変更する材種を選択します。
  積算をしたくない場合は「なし」を選択します。

・寸法の選択
  WHの「▼」をクリックしますと、登録されている寸法が表示されます。
  変更するWHを選択します。

・デフォルトとして登録
  造作材の材種・断面寸法を変更し「デフォルトとして登録」ボタンを押しますと、
  現在表示されている材種・断面寸法をデフォルトとします。
  今後、新規作成の場合にはこの値がデフォルトとしてセットされます。

造作材仕様[全体・屋根]入力を終了する場合は[終了]をクリックしてください。
[はい(Y)]をクリックしますと、入力した内容を保存します。
[いいえ(N)]をクリックしますと、入力した内容は保存せずに終了します。
[キャンセル]をクリックしますと、造作材仕様[全体・屋根]入力を続けることができます。



【部屋】
造作材仕様メニューから『部屋』を選択しますと、下記の画面が表示されます。
入力方法は[個別修正]と[連続修正]があります。
 造作材仕様2

[個別修正]
部屋ごとに修正したい場合に、[個別修正]を選択します。
修正したい部屋をクリックしますと、その部屋の造作材の仕様が表示されます。
修正したい部材の[変更]ボタンをクリックしますと、[造作材選択用]のドロップダウンリストが表示されます。
変更する材種・WHを選択します。
積算をしたくない場合は「なし」を選択します。
他の部材も同様にして指示をして、最後に必ず[実行]をクリックします。
[取り消し]をクリックしますと、変更した内容が取り消されます。

[連続修正]
同じ造作材の仕様を連続して、複数の部屋に指示したい場合に[連続修正]を選択します。
個別指示と違い造作材の仕様は1からの入力となります。
仕様をセットしてから同じ仕様になる部屋を選択します。
部屋を選択してから仕様をセットしてもかまいません。
最後に必ず[実行]をクリックします。
[取り消し]をクリックしますと、入力した内容が取り消されます。

[重複問い合わせ]
同じ形の間仕切が重なって入力されている場合、[重複問い合わせ]をクリックし間仕切内をクリックします。
「この間仕切ですか?」のメッセージと間仕切・部屋名が赤く表示されます。
その間仕切の造作材の確認・変更をおこなう場合は、[はい]をクリックします。
[いいえ]をクリックすると、重複している他の間仕切と部屋名が赤く表示されます。

造作材仕様[部屋]入力を終了する場合は[終了]をクリックします。
[はい(Y)]をクリックしますと、入力した内容を保存します。
[いいえ(N)]をクリックしますと、入力した内容は保存せずに終了します。
[キャンセル]をクリックしますと、造作材仕様[部屋]入力を続けることができます。



【部屋造作材デフォルト作成】
造作材仕様メニューから『部屋造作材デフォルト作成』を選択しますと、下記の画面が表示されます。
 造作材仕様3

デフォルトを変更したい場合に、各部屋ごとに設定できます。
各部屋ごとの造作材として、頻繁に使用するものを設定しておくとよいでしょう。
今後、新規作成の場合にはこの値がデフォルトとしてセットされます。

部屋造作材デフォルト作成を終了する場合は[終了]をクリックします。
[はい(Y)]をクリックしますと、入力した内容を保存します。
[いいえ(N)]をクリックしますと、入力した内容は保存せずに終了します。
[キャンセル]をクリックしますと、部屋造作材デフォルト作成を続けることができます。



【全体・屋根の造作材再初期化】
造作材仕様メニューから『全体・屋根の造作材再初期化』を選択しますと、下記の画面が表示されます。
「全体・屋根」で変更し「デフォルトとして登録」したデフォルト値を、元のデフォルト値に戻します。
 造作材仕様4

[いいえ(N)]をクリックしますと、初期化しないで終了します。
[はい(Y)]をクリックしますと、下記の画面が表示されます。
 造作材仕様4

[はい(Y)]をクリックしますと、入力した部屋のデフォルト値を初期状態に戻します。
[いいえ(N)]をクリックしますと、初期化しないで終了します。



【入力部屋の造作材再初期化】
造作材仕様メニューから『入力部屋の造作材再初期化』を選択しますと、下記の画面が表示されます。
「部屋」で変更したデフォルト値を、元のデフォルト値に戻します。
 造作材仕様4

[いいえ(N)]をクリックしますと、初期化しないで終了します。
[はい(Y)]をクリックしますと、下記の画面が表示されます。
 造作材仕様4

「はい(Y)」をクリックしますと、入力した部屋のデフォルト値を初期状態に戻します。
[いいえ(N)]をクリックしますと、初期化しないで終了します。