◇ SUNCAD>お役立ち情報>計算式を登録して積算・見積書に反映させる具体的な例>部材や手間の新規登録方法

◆ 積算・見積書作成で業界をリード ◆
SUNCAD-ULTRA-W
積算・見積をする場合、SUNCADシステムでは、既にデフォルト(設定済データ)にて全工事項目の計算式が登録されていますので、そのままでも快適にご使用になれます。デフォルトにない工事項目を新たに設けて、自動で計算させたい場合は、数量算出用の計算式を追加登録した上で、しかるべきマッチング作業を行なえば、積算・見積書に正しい値を反映させることが出来ます。ここではサンプル図面に基づいて、新たに計算式を登録し、見積書にどのように反映されるかを検証してみたいと思います。
◆ まず、部材や手間の新規登録をします
必要な部材や手間の新規登録は以下のような手順になります。
  1. 外壁工事用の部材と工事手間を登録します。詳細説明は下記にてご覧いただけます。
    ⇒ 部材や手間の新規登録方法-外壁材
  2. 床工事用の部材と工事手間を登録します。詳細説明は下記にてご覧いただけます。
    ⇒ 部材や手間の新規登録方法-床土間
  3. 屋根工事用の部材と工事手間を登録します。詳細説明は下記にてご覧いただけます。
    ⇒ 部材や手間の新規登録方法-屋根葺上材

つづく ⇒ その他内部土間名登録