◇ SUNCAD>お役立ち情報>計算式を登録して積算・見積書に反映させる具体的な例>新規に登録した部屋の仕様を決定

◆ 積算・見積書作成で業界をリード ◆
SUNCAD-ULTRA-W
積算・見積をする場合、SUNCADシステムでは、既にデフォルト(設定済データ)にて全工事項目の計算式が登録されていますので、そのままでも快適にご使用になれます。デフォルトにない工事項目を新たに設けて、自動で計算させたい場合は、数量算出用の計算式を追加登録した上で、しかるべきマッチング作業を行なえば、積算・見積書に正しい値を反映させることが出来ます。ここではサンプル図面に基づいて、新たに計算式を登録し、見積書にどのように反映されるかを検証してみたいと思います。
◆ 新規に登録した部屋の仕様を決定します
上記①のデフォルト管理画面で「高さ・内装デフォルト変更」を選択しますと、次のような画面になります。
新規に登録した部屋の床高さとか天井高さとか、床、壁、天井などの属性を決定します。
これは、部材や手間の新規登録の際に登録した部材名を呼び込んで、簡単に設定することが出来ます。
これで、システムは、部屋入力で、部屋名を車庫とした瞬間に、登録してある属性の全てを読み込み、図面や積算に反映する仕組みになっています。
高さ・内装デフォルト変更

つづく ⇒ 新規に登録した部材を拾い出すための計算式を登録 ・外壁面積