◇ SUNCAD>お役立ち情報>計算式を登録して積算・見積書に反映させる具体的な例>計算式登録>屋根面積

◆ 積算・見積書作成で業界をリード ◆
SUNCAD-ULTRA-W
積算・見積をする場合、SUNCADシステムでは、既にデフォルト(設定済データ)にて全工事項目の計算式が登録されていますので、そのままでも快適にご使用になれます。デフォルトにない工事項目を新たに設けて、自動で計算させたい場合は、数量算出用の計算式を追加登録した上で、しかるべきマッチング作業を行なえば、積算・見積書に正しい値を反映させることが出来ます。ここではサンプル図面に基づいて、新たに計算式を登録し、見積書にどのように反映されるかを検証してみたいと思います。
◇ 屋根面積-材工共の拾い
屋根についても同様です。「屋根仕上材」の工事項目に登録して、選択されれば自動で積算します。
ただスラブ屋根を屋根工事という表現が適切かどうかは意見の分かれるところだと思います。
その場合は、自由登録欄に新規に「スラブ屋根」を登録して別な工事項目に算出するよう設定できます。そして、計算式を設定すれば自動で積算見積してくれます。
また、スラブ屋根を型枠、鉄筋、コンクリート、防水モルタルのように細分化して、それぞれ積算・見積させることも可能です。 あくまで基本数量を上手く利用して、計算式をつくり登録する作業には変りありません。

スラブ屋根をデフォルトの「屋根仕上材」の工事項目に登録する場合(101-12) ⇒ クリック!
「屋根仕上材」の工事項目に登録して、屋根材の選択画面で「スラブ屋根」を選択します。自動積算します。
屋根材選択

スラブ屋根を自由登録欄に「スラブ屋根」という名称で登録する場合(512-1) ⇒ クリック!
「ランク」の欄に、abcが設定されていることにお気づきでしたか?これはどの物件でも必ず工事項目として呼び出し、計算式に基づいて数量を自動算出して計上しますという意味です。
計算式が登録されていない場合は、数量0で計上してしまいます。ですから、単に項目だけを呼び出して、自分で数量を記入する場合などのときに利用します。
「ランク」欄にabcが設定されていない場合には、自動では呼び出しませんので、手動で呼び出すことになります。

「スラブ屋根」を自動で積算させるために計算式を登録します。
基本数量-屋根

スラブ屋根の面積は、基本数量にK26の屋根面積(上図)がありますので、これを計算式として登録します。下図のようになります。(Z16)
計算式

この(Z16)を積算計数管理の512「スラブ屋根」の欄に登録します。
計算式

これで「スラブ屋根」を自動で積算するようになりました。

以上でサンプル物件の全ての設定・登録が完了しました。
はたして予期したとおりの見積結果が得られるでしょうか。
どなたも、とても興味のあるところだろうと推察いたします。

つづく ⇒ 引き続き、積算・見積書作成の結果と説明についてはこちらをご覧下さい。