◇ SUNCAD>お役立ち情報>計算式を登録して積算・見積書に反映させる具体的な例>サンプル図面

◆ 積算・見積書作成で業界をリード ◆
SUNCAD-ULTRA-W
積算・見積をする場合、SUNCADシステムでは、既にデフォルト(設定済データ)にて全工事項目の計算式が登録されていますので、そのままでも快適にご使用になれます。デフォルトにない工事項目を新たに設けて、自動で計算させたい場合は、数量算出用の計算式を追加登録した上で、しかるべきマッチング作業を行なえば、積算・見積書に正しい値を反映させることが出来ます。ここではサンプル図面に基づいて、新たに計算式を登録し、見積書にどのように反映されるかを検証してみたいと思います。
サンプル物件 ⇒ ブロック壁の車庫工事の見積書作成
以下のような図面を例にして、話を進めていきます。
この例では、あくまでサンプルとしてご説明することで、SUNCADシステムの積算・見積における、活用の仕方、応用の仕方について理解を深めていただくのが目的ですので、該当すると思われる部分のみを掲載して進めていきます。従いまして、単価などは、参考程度に解釈していただければと思います。
◇ サンプル図面
ちょっと変った例をサンプルにしてみました。
サンプルのようなことが出来るということを、ご理解いただくことで自ずと応用できる範囲をイメージしていただけるのではと考えています。

仕様については、以下のようにしてあります。
尚、サンプルに付一般的ではないかもしれませんが臥梁はありません。

床面積33.64㎡(小数点第2位四捨五入)
土間コンクリート 同時コテ押エ
ブロック積 400×200×150 mm H=2,400mm(土間天端+2,300) 仕上なし
天井仕上なし
屋根スラブ屋根 厚150mm 1/100勾配
開口部軽量シャッター H=2,100mm
サンプル平面図

部屋名入力 サンプル外観パース
◇ 入力作業
入力の手順は以下の通りです。
壁厚を150mmに設定
仕上厚を一応10mmに設定(作図後線分削除)
ブロックのサイズを考慮して平面入力する(普通車2台分)
部屋名を車庫とする(その他土間部屋名で新規に登録した部屋)
シャッター入力 高さ2,100mm
インテリア(エクステリア)入力 普通車2台
外壁模様入力 ブロックサイズを指示
面積確認
屋根入力
 スラブ屋根選択 勾配1/100 軒出85mm(壁芯より)
平面図修正
 間柱を削除してブロックを割り付ける。
 仕上厚線分を削除


尚、基本入力・応用入力・伏図入力などの入力操作の詳細については以下のページをご覧下さい。
  ⇒ SUNCAD-ULTRA-W のWeb操作デモ  百聞は一見にしかず!
  ⇒ 入力操作概要

それでは順を追ってご説明いたします。

このテーマのメニュー ↓ 
 ⇒ 部材や手間の新規登録方法
 ⇒ その他内部土間名登録
 ⇒ 新規に登録した部屋の仕様を決定
 ⇒ 新規に登録した部材を拾い出すための計算式を登録
   ・外壁面積
   ・屋根面積
 ⇒ 積算・見積書作成の結果と説明について

つづく ⇒ 部材や手間の新規登録方法